2016/12/17

ITALIAN LEATHER

【DOUGLAS】
 
イタリアンショルダー
ワックス仕上げのプルアップレザー(曲げたところの色が変わる)です。
透明度のある深みのある色が魅力です。
変色は早いですが、それもまた楽しみがいのあるタンニン革だと思います。
 
パープルとチャコール
 
パープルはどう変化するのか楽しみです
チャコールは端の方が茶褐色になっています。これがまたかっこいい!
 
 
 
【TANGERI】
 
イタリアンショルダー
艶消しで仕上げられマットな感じですが、使い込むほどに艶が出てきます。
程よくオイルを含んでいて、天然の荒っぽいシボも男っぽい印象です。
 
ブラックとバーガンディー(ワイン)
 
 
 
新しくイタリアンレザーを調達してみました。
主にウォレット、小物用です。
やはり、エンボスレザー以外を求められる声も多いので、自分なりにべーシックかつ
表情のあるイタリア革を選んでみました。
 
ダグラスは本来厚いショルダーの革ですが贅沢に漉いています。
曲げたところが変色するプルアップレザーで、深みのある色合いがとても魅力的です。
 
タンジェリはオイルをくったショルダーの革です。
良い意味で無難だけど特徴のある黒の革が欲しかったのですが
自分的にはドンピシャだと思っています。
柔らかいので「袋縫い」のものなんかにも良いですね。
 
バーガンは昔から好きな色で、すぐに目に入ったので、この二色で。
 
ウォレット、小物の価格は「ペイズリーのもの」と変わりません。
バッグにも、使えますが高額になるとは思います、笑。
 
 
ショルダーの革は、この「トラ」と呼ばれる皺が醍醐味の革
裂けてるキズは避けつつ、治りキズなどアジのある部分は拾い、云々、、
高い革に最初に裁ちを入れるのは、いつも緊張しますよ、笑。
 
 
グリーンのオイルレザーで何を作るか、お悩み中の革好きのKさま、また悩ましい革が
きましたよー。見に来てくださいねー笑。
 
 
 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿