2016/08/04

17




 17 「じゅうしち」 なぜか、ベテランの職人さんはこのミシンを「じゅうしち」と呼びます。

半回転下送りの筒ミシン
レトロな見てくれしていますが、ミシンの理論上は、糸締まりが良く、厚物の縫製にはむいているらしいです。

ここ数年、いろいろ勉強してきまして、思うのは道具は道具で使いようということ。
一番最初に買ったミシンで、ふと思うことあり、久々にさわってみたくなりました。いつも、物置にしてゴメン、笑。
郊外でレザークラフトをやるのであれば、「手縫い」とこの「頑丈でシンプルなミシン」と「革漉き機(コバ漉き)」があれば十分かもしれませんね。
そおいった、削ぎ落した「モノづくり」もかっこいいし。

「むかしの職人は、みんな全部、これ一つでやったんだよ」と言われたのには、しびれました。
小さいボビンもかわいいし、「カタカタカタッ」と小気味の良い音も、心地よいです。





少々、新しいこともやり始めています。
町田に移って、店舗っぽくやってみようかと思いましたが、やはり若干の無理があるので
以前みたいに、フレキシブルな感じに戻そうかと思案しています。
来ていただくのは全然、歓迎です。お気軽にお問合せ、お立ちよりくださいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿